爪水虫を撃退しよう|夏場を快適に過ごす対処法

病院

皮膚のトラブルの治療

カルテ

皮膚科はアトピー、湿疹、水虫、ニキビ、巻き爪など非常に幅広い内容を担当しています。ニキビや傷跡、アザの治療は多くの人が治療に通っている内容です。横浜でも人気なのは美容皮膚科という、美容に特化した内容のクリニックもあります。

More Detail

水虫の治療

病棟

水虫を治療するためには、しっかりとした診断を行ってくれる、経験値の高い病院を選ぶことです。病院選びの際には、新宿のような大きな街では、生活スタイルにあった皮膚科を見つけることができ、口コミサイトを利用することで簡単に探せます。

More Detail

辛い状態を改善する

カウンセリング

自分がある日突然、痔などの症状に見舞われたらどうすればよいかですが、一番良い方法は病院を受診することです。痔を専門に取り扱う医療機関がありますから、そこを受診すると治療がスムーズに行われ解決も早いです。

More Detail

爪を侵す水虫に注意

足

日本人の約1割が罹患

水虫といえば主に足の裏や指の間に湿疹のようなものができ、強いかゆみを引き起こすことで知られる病気です。しかし中には、爪に影響が出ることもあります。それが爪水虫です。爪水虫は足の爪が水虫の原因菌である白癬菌に感染して起こる病気です。まれに手の指に発症することもあります。日本人の約10人に1人がかかっていると言われており、比較的ありふれた病気です。にもかかわらずこの病気が通常の水虫ほどよく知られていないのは、爪の表面が白濁するといった見た目の変化以外にはかゆみなどのはっきりした自覚症状がないからです。しかし放置していると爪が変形したり、歩きづらくなったりすることがあるので注意が必要です。家族へうつしてしまったりする心配もあります。

専門医の治療が根治のカギ

爪水虫は足の親指が罹患するケースが最も多くなっていますが、進行すると他の指にも伝染することがあります。また、この病気はかつては男性特有のものと考えられていましたが、現在の患者数には男女間でそれほど違いはありません。これは女性が社会進出に伴って靴を履いて外出する時間が増えたことによるものと考えられています。通常の水虫に対しては非常に多くの外用薬が市販されており、中には強力な効果を持つものもあります。しかし爪水虫については、塗り薬だけでは根治が難しいと言われています。専門医の診断を受ければ内服薬タイプの抗菌薬を処方してもらえるので、必要に応じて外用薬と併用しながら健康な爪への生え変わりを待つというのが現時点での最善の治療法となります。